手の甲にシミができた時の対処法は?

手、って年齢を現すといいますよね。
シミも含め、水分量もパッ見て、すぐに年齢がわかると言われています。

私は、手だけではなく、顔も含め全身のシミ対策をしています。
合コンで、30代後半に20代と言われたことがあります。

まず、シミ・シワの原因は紫外線にあるので、
日光に直接 肌をさらさないことが重要です。
車に乗る時(運転時)は手袋を。
助手席でも手袋は必須です。

もし、手袋がなければハンカチで日光から手を守ります。
手の甲って、ハンドルを握っているので、
片方の手の甲だけ日焼けしてしまっている人、
結構いますよね。

出来れば、手袋の前に、日焼け止めクリームを塗れば、
なお良いです。

私は、20歳の時から日焼けには気をつけていますが、
それでも1つは手の甲に小さなシミがあります。

キレイな手だね。と言われると嬉しいですよ。
どんな手入れしているの?
と聞かれますが、1番は日焼けしないこと。

紫外線が一番の敵ですよ。太陽が出ていなくても、紫外線は降り注いでいます。
少しの飴でも同じことです。

シミ対策に季節は関係ありません。
よく、紫外線が強くなる6月あたりからケアを始める方がいますが、
年中紫外線は降っていますから、通年ケアしましょう。

冬は防寒の手袋・その他はUV対策用の手袋です。
次に、保湿です。水分量は必ず、年齢と共に減少してしまいます。

これは避けられません。シミ・シワは水分量に関係しています。
顔と同じです。顔だけではなく、手の甲もケアが必要なのです。

ハンドクリームも通年使用します。
お手洗いの後は必ず塗ります。
もちろん、入浴の後も。家事の合間にこまめに塗るのが理想ですが、
水に関わる時間が多いので、1つの作業が終わった時に塗ることにしています。

キッチンには、ポンプ式のクリームを置いています。
チューブから出すのは意外と手間なものです。

寝る前のハンドクリームだけは、保湿力の高い
こっくり系のハンドクリームが良いですね。

普段使いは香りを楽しむのも良いでしょう。
塗ることが苦にならず、楽しみになりますよ。

ハンドクリームは手の甲に出す人が多いでしょうけれど、
実は手の平に出し体温程度まで温めて柔らかい状態にしてから、
全体に馴染ませるのが良いですよ。浸透力が良いです。
せっかく塗るなら、トコトン良い方法が良いですよね。

今現在、シミに悩んでいる方、今からでも遅くありません。
日焼けをせず、こまめにクリームを塗りましょう。
硬くなった手の甲が柔らかくなり、しっとりした手になれるはずです。

手の甲のシミに悩んだら・・・
おススメサイトはこちら!

手の甲のシミ、顔のシミ、黒ずみに効果のあるシミ消しクリームを
ランキング形式で徹底比較しているサイトです。
参考になさってくださいね!

「手の甲のシミを消したい!シミ消しクリーム徹底比較ランキング」
↓↓↓
http://シミ消したい.com/